太陽光発電のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の住宅では標準搭載されている太陽光発電ですが、具体的にどういったところが良いのでしょうか?

まず、太陽光発電最大の良さとは、太陽が存在する限り、常に発電を行ってくれるところです。

多くの住宅で家計を圧迫している電気代ですが、日中通して晴れていればその分太陽光で発電をして、夜に電気を付けたり、IHクッキングヒーターの場合、太陽光発電の電池だけで賄うことができるので非常に経済的で、また、発電時二酸化炭素や硫黄酸化物といった大気汚染物質を出すことがなく、環境的にも廃棄されるものも出てこないのでエコ活動にも一躍かってくれます。

また、太陽光発電は面積、規模問わず発電する効率はほぼ一定に保たれております。屋根やベランダ、庭と設置する場所に合わせて規模を自由に設定することができるため、一般の住宅からマンション等、様々な施設に合わせて設置することができます。それでいてマンションやアパートでは騒音やボイラーのような排出されるものがもんだいとなりますが、太陽光発電では騒音も排出物もないため、設置場所に困ることもないでしょう。

そして、太陽光発電のシステムは風力発電や原子力発電のような複雑な構造ではなく非常にシンプルな構造で作られているので、メンテナンスも簡単に行うことができます。

太陽光発電の設備寿命も比較的に長く、大体20年以上は持つと考えられています。

また、太陽光発電で発電した電気は、自宅での使用をされることはもちろんのことですが、月単位で余った電気は電力会社に買い取ってもらうことが可能です。

電気を売ることを通称、売電といいますが、その売電価格は、1キロワットあたりで大体38円となります。(2013年参照)

また買取のサービスは契約制で、満足する金額の時に契約すると今後10年間金額が変わることなく、電気を買い取っていただくとこが可能です。

災害においても、発火や落雷によるショートの心配もなく問題は特にないといってもいいでしょう。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*