太陽光発電の特徴をよく理解して賢く導入を検討しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電は次世代のクリーンエネルギーとして大きく注目されています。設置を希望する人も多いですが、導入する際には事前にメリットとデメリットをキチンと把握しておく必要があります。

まずデメリットについては、太陽光発電は天気や立地条件などによって発電量が左右されて発電量が不安定です。

一般的な火力発電や水力発電などと比べるとまだまだ変換効率の低い発電システムです。

年間を通じて晴天が多い地域と、曇りが多い地域とでは発電量にも差が出ます。

また設置するにはそれなりに導入コストがかかります。設置した後にもメンテナンスが必要となります。

設置費用を回収するまでに長い期間がかかります。そのため気軽に引っ越しなどもできません。

またいったん設置すれば永久に発電できるわけではなく、当然ソーラーパネルや発電システムにも寿命があります。

一方で太陽光発電には様々なメリットもあります。まずは発電した電気を自宅で使用できるので、設置前よりも格段に電気代が安くなって光熱費を節約できます。

そのうえ余った電気は電力会社に高額で売ることができるので、売電収入も見込めます。また日の光さえあれば発電できるのだからクリーンで自然に優しいエネルギーだといえます。

今地球温暖化の問題で世界中で二酸化炭素の削減が求められています。太陽光発電なら、二酸化炭素は全く排出しません。そのため環境への配慮という点での社会貢献もできます。

しかも太陽は無尽蔵なので発電の際に燃料代が掛かりません。また日本は災害の多い土地柄なので、いつ大災害が起きるか分りません。でも太陽光発電なら災害時の非常用電源としても利用できます。日頃停電しても、昼間なら問題なく電気が使えます。

また太陽光パネルによる断熱効果で、夏は涼しく冬は暖かく快適に暮らせます。メンテナンスも比較的楽だし。設置場所を選ばず、とても効率的です。また最近は以前に比べて設置費用も格段に安くなってきています。

このように太陽光発電は、経済面でも環境面でも生活面でも、多様な場面で多くのメリットがあります。

以上太陽光発電の主なメリットとデメリットについてみてきましたが、両方をしっかりとよく理解した上で賢く導入の検討を行うとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*